キャッシングやローンを利用しよう~ベンベン便利なキャッシング~

決済代行会社の必要性

利用者から見た場合と、ショップ側から見た場合

最近良く耳にする済代行会社とはどのようなものでしょう。 今までと今の違いを考えてから、決済代行会社とはどのような仕組みなのか見ていきます。 今までの定義として、大型商業施設しかない状態と考えてください。 この場合、カード会社つまり国際ブランドの加盟店と思ってください。 この加盟店を募集し、条件のいい加盟店と契約します。 この場合では、利用者が大型商業施設で商品を買う。その時カードで決済しました。その後カード会社から利用者へ支払い請求がいきます。これが今までの決済の仕方でした。 決済代行会社を通して利用した場合どうなるのか見てみましょう。 利用者がカード決済を利用しネットで買い物をしました。 この時、決済代行会社に利用者の情報が伝えられます。同時にカード会社に決済代行会社から承認依頼を自動的に伝えます。

決済代行会社の今後は

そして、カード会社から承認後、決済代行会社からネットの店に伝えられ利用者に商品を配送します。 商品配送と同時に利用者のカード会社からお金が引き落とされ、手数料を差し引いた分が決済代行会社に支払われ、決済代行会社から手数料を差し引いた分ネットの店側に支払われます。 なぜこのような仕組みを、取らなければいけなくなったのか。 インターネットで買い物を利用する人が増えた事。あるいは商店街の組合からあまり良い顔のされない風俗業やエステサロンなどが増えた事が要因として考えられます。 そして、今後もこのような形態は増えていくと思います。 この時決済代行会社などは、更なるセキュリティーの強化を求められるでしょう。 そのことによって、需要はまだまだ伸びていくのではないでしょうか。