キャッシングやローンを利用しよう~ベンベン便利なキャッシング~

住宅ローンの負担

離婚時の住宅ローンはどうなるのか

離婚は話し合いだけで決まる場合とこじれてしまい裁判まで必要とする場合もあります。もし住宅ローンがある場合、話し合いでも裁判でもそうですが、どうしたらいいのかがかなり気になります。では実際どうなるのかというと、この住宅ローンは一人が負担するのではなくお互い負担して支払いしなければいけないとしています。これはなぜなのかというと、離婚の時は財産を分けなければいけないからです。結婚後に購入した財産は二人の物としていますので、別れれば当然財産も均等に分けなければいけません。もちろんローンに関しても同様としているため、住宅ローンもお互い負担する必要性があります。ただローンを分けることが出来ませんので、話し合いとして住宅を全て譲るからローンも負担してと交渉することがオススメです。

ローンはどちらかが全額負担するのがとても多い

離婚の時に住宅があって住宅ローンがあると、慰謝料や養育費を支払ってもらわない代わりに住宅ローンを支払ってもらってもらい家を自分が住む方法と、全て相手側に託して養育費などを支払ってもらう方法を多くの方がしています。なぜこのような方法を多くの人がしているのかというと、それは財産を分けることが難しいからです。離婚時にローンがなければ売ってそのお金を分ける方法があるのですが、しかしローンがあるとこれは難しいです。売ってもどうしてもローンが残ってしまいますので、その分両方共負担を背負わなければいけなくなり売るがなくなります。なので現状はそのままの状態にしておいて、収入面ですぐれている方、そして離婚原因を作ってしまった方が負担することが一番手っ取り早い方法と言えます。なのでもし住宅ローンを抱えている状態で離婚を考えているようなら、これらよくされている方法を検討してみてください。