キャッシングやローンを利用しよう~ベンベン便利なキャッシング~

滞納が続くと

お得に住宅を売却する方法

多くの人は住宅購入の際に金融機関などの住宅ローンを利用していますが、何らかの理由で滞納が続くと、自分の意志とは関係なく住宅を競売にかけられてしまうことになります。 住宅ローンの滞納が続くと、今まで分割で支払っていた費用を全額返済するよう借りていた金融機関から通知が届きますが、競売を避けるためには住宅を売却する意思があることを伝える必要があります。 競売にかけられてしまうと市場で出回っている価格よりも相当安い価格で落札されるのが一般的ですが、任意売却にすると市場価格とほとんど変わらない金額で住宅を売却することが可能になります。 もしも住宅ローンの滞納が続いている場合は、任意売却を手掛けている会社に相談すると良いでしょう。

平均的な売却費用について

住宅ローンなどの滞納で自宅を競売にかけられた場合、ほとんどは市場価格よりも3割から4割ほど低い値段で取引きされてしまいます。しかも落札されるまでいくらで売却されるのかわからないですし、競売前には色々な人達が物件を調べに自宅に押し寄せてくるので、近所の人達にも知られる可能性が高くなってしまいます。 その点、任意売却の場合は不動産業者等を通して買い手を探すので、市場価格とほぼ同等の金額で売却することもできますし、不動作業者によっては住宅を買取りしてくれる場合もあります。 売却してもなお、借金が残ってしまう人も少なくありませんが、競売や任意売却をしたからと言って残りの借金は帳消しにはならないので、新たに返済計画を建てる必要があります。