キャッシングやローンを利用しよう~ベンベン便利なキャッシング~

教育ローンの種類

大学進学と学費について

受験生がいる家庭だと、来年大学に合格して欲しいと祈る反面学費はどうやって準備したらいいかとなります。しかし、大学に入学する前からお金はかかるのではなく、模擬試験を受けたり、予備校に通う、試験は東京の大学で受けるから新幹線代や宿泊代もかかるとなると出費が増えることが予想されます。そして入学金ですが国立と私立では当然金額が違います。国立大学の場合は入学金が80万円前後が相場となっています。私立大学となると150万円前後が相場となっています。さらに、大学で一人暮らしをさせるとなるとさらに費用はかかってきます。そのお金の準備のためには、学資保険だけでなくさまざまな金融商品で準備します。低金利の教育ローンもそのひとつです。

教育ローンで学費を準備する

入学金は低金利の教育ローンで準備する方法があります。教育ローンといっても国の教育ローンと民間の教育ローンとがあります。国の教育ローンを利用する際ですが、親の収入などによって左右され審査が厳しいです。民間の教育ローンの場合ですが、さまざまなプランがあります。とにかく、選ぶのであれば低金利の商品を選択することです。ローンはトータルでの支払額で考えます。そして、返済計画をシミュレーションして無理のない返済ができるかどうかが重要となってきます。また、民間のローン会社によってはインターネットから申込をした場合に限り、限定で店頭申込みの金利よりもさらに低金利で融資が受けれられるところもありますので、なるべく低金利を選択します。